南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< 血圧の左右差を整える必要性 | main | 超カワイイです! >>
坐骨神経痛の症例と手術の必要性
外山です。

今日は坐骨神経痛の症例です。
VOSにはたくさんの坐骨神経痛、つまり、脚にしびれや痛みを伴った腰痛の方が来院されますが、最近数人の方が立て続けに同じようなことをおっしゃっていたのでご紹介させていただきます。

それは、腰痛脚の痺れがあって整形外科に行ったところ、ヘルニアがあるために手術を勧められたということです。
しかも一人の方は、レントゲンを撮っただけで即手術と言われたそうです。

調べてみると、どの方も確かに腰、椎間板は悪いのですが、手術をするような症状とは考えられませんでした。
最近では整形外科でもよほど緊急を要するヘルニアでない限り保存的療法を行うと聞いているのですが、医師によっては違うのでしょうか。

先日来院された方は、数年前に左の下肢に痺れが出たため整形外科を受診しMRIを撮った結果軽いヘルニアがあるため、手術してもいいししなくてもいいというようなことを言われたそうです。結局手術はせずに牽引治療などを受けたそうですが、良くならないため通うのをやめてしまったそうです。
最近、お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏にかけての痺れというそのときと同じ症状が出始めたため、当院に来院されました。
調べてみると、確かに椎間板に問題はありますが、現在の痺れとは関係なく、仙腸関節という骨盤の関節が傷んでいて、その痛みが足の痺れを出しているのがわかりました。これを関連痛といいます。
骨盤を整えるとともに、骨盤を支えている筋肉がきちんと働くように治療した結果、足のしびれは消失しました。

椎間板に問題があるため、腰痛は少し残っていましたが、それもそれほど時間がかからず改善するでしょう。
その方にはとても軽くなったと喜んで帰っていただきました。

もし、数年前のしびれもこの方の言うように同じ症状で、今回と同じ仙腸関節が原因だとしたら、それなのにヘルニアの手術をしていたら・・・と思うとゾッとします。

MRIのような精巧な機器で見ると、たとえ腰痛がない人でも、3人に1人は椎間板ヘルニアがあると言われています。
ヘルニアは、腰痛やしびれの絶対的な原因ではありません。痛みやしびれはヘルニアが原因のこともあれば、原因でないこともあるのです。

もし、ヘルニアで手術が必要と言われたら、まずセカンドオピニオンを求めるか、ヘルニアが原因だと確信できるまで手術は避けるべきです。
(ただし、排尿困難などの緊急を要する場合は即刻手術が必要です。このような場合、生命にもかかわる非常に危険な状態です)

そして、多くの椎間板障害やしびれ、坐骨神経痛と呼ばれる症状は、カイロプロプラクティックで改善します。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile.htm

Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 腰痛・坐骨神経痛・下肢のしびれ | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/854707
TOP