南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< 12月の予定変更〜日曜日も診療いたします〜 | main | ストレスと治りやすさ >>
ひどい吐き気と嘔吐
外山です。
いつの間にやら年末で、みなさん忙しいことと思います。

このところ急に寒くなってきて疲労と重なって体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。

先日いらした吐き気と嘔吐の方の症例です。
以前から通われている方なのですが、先日夕方にお電話があり、昼前から嘔吐が止まらないとのこと。
その日の朝まではまったく問題なかったとのことでしたが、昼前ごろにだんだん気分が悪くなり、嘔吐したとのこと。
その後も水気だけでもと思い摂っていたそうなのですが、それもしばらくすると吐いてしまったそうです。
すぐに来てもらうように伝え、来てもらったのですが、歩いていても気持ちが悪くなってしまっていたようです。

話を聞いてみると、うちに来るようになるまでは以前にもたまにこのようなことがあったとのこと。
熱は微熱程度で、下痢もあるとのこと。

話を伺うと緊急を要する症状ではないようだったので、まずは背骨をひとつひとつ調べていくと、第5胸椎のズレを戻すような方向に圧を加えると胃がスーっと楽になるとのこと。
また、胃に関連する筋肉が弱く、反射ポイントを刺激すると胃のムカムカが楽になるとのことで、しばらく刺激。かなり長い時間刺激しました。
その後、腹部を調べて、胃を挙上するように楽になる方向にごく軽くマニピュレーションをしました。
この段階で胃のムカムカと吐き気がかなり治まってきて落ち着いてきたので、第5胸椎を腹部や胸部を圧迫せず、胸郭の動きも楽になる膝でアジャストし、少し休んでもらってからその日は帰ってもらいました。
治療後にはかなり口数も増え、声にも力が出ていました。
アドバイスとして、制吐作用のあるショウガを生で摂るようにアドバイスし、もし症状が続くようなら必ず医師の診察を受けるように伝えました。

1週間後に来院されて話を聞くと、吐き気も嘔吐も下痢も治療後は一切なくなり、消化のいいものなら食べられるとのこと。
数日後に内科を受診し風邪だろうとの診断を受けたそうです。

治療翌日も仕事の関係で絶対休むことが出来ず、かなり忙しく動いたり声を出さなければならなかったとのことで、大変助かったと喜んでいらっしゃいました。
時間的に病院もぎりぎりだし、薬を飲んでも・・・と思い、電話をくださったそうです。
一見カイロプラクティックとはまったく関係のなさそうな症状でも連絡をいただけるのは臨床に携わるものとして嬉しいことです。

さまざまな症状には菌やウィルス、炎症などの病理がある場合がありますが、それには機能、つまり働きの問題が必ず併発しています。
この方の場合、胃の働きがかなり抑制されていました。緊急の場合でない限り、それを修正しただけでも大きな改善が見られるのです。

カイロプラクティックは機能を改善します。
そこに大きな価値があると再認識した症例でした。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile.htm



Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 自律神経・胃腸・全身のコンディション | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/797310
TOP