南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< KODOMO BAND復活 | main | MMK >>
黒目の位置が治った
こんにちは、外山です。
急に寒くなりましたね。
体調を崩す方が増えています。
特に、寝違えやぎっくり腰など、急性の症状をきたしている方が多いので、早めにチェックすることをお勧めします。

今日は2回目に来院された方から思いがけない指摘を受けました。
というのも、初回治療の後、黒目の位置が真ん中になったのでビックリされたそうです。
3-4年前から鏡を見ると右目がどうも外に寄っていたとのこと。
それが治療後に家に帰って鏡を見たら真ん中に戻っていたためビックリしたそうです。

私としたことが、気づきませんでした(苦笑)。

ただ、これは治療の効果としてはいい傾向を示すひとつの指標になります。
特に左右の脳のバランスを測る指標になるのです。
目の動きや位置というのは、目を動かす筋肉の状態を表していて、それは脳の状態を測る窓になります。
カイロプラクティック神経学では脳のバランスを見る際には目の筋肉の状態のほかにもさまざまな方法があり、たとえばまぶたの下がり具合や顔の筋肉の張りや下がり具合の左右差、瞳孔の大きさの状態、眼底の血管の太さの差などがあります。
私も目の動きを見ることで神経のバランスをチェックする場合もありますが、この方の場合、初回の治療では違う方法を使っていました。

目を動かす外眼筋と呼ばれる筋肉は6つあり、それぞれ左右の大脳の影響を受けています。
それらは、脳神経支配ではありますが腕や足の筋肉と同じ骨格筋に分類され、カイロ神経学のインストラクターの増田先生に言わせると、「カイロプラクターは骨格筋は治療対象でしょ。目の筋肉も骨格筋ですよ。どうして治療しないんですか」となります。

大脳の働きにアンバランスがあると、目の筋肉にもアンバランスが出て、位置異常が起きる場合があるのです。

この方の場合には別の場所を指標にして脳のバランスを整えたので、それによって目の筋肉のバランスも整い位置も戻ったのです。

もちろん、目の位置というのも、斜位と斜視というものがあり、斜視は目自体の角度の問題なのでその場合には改善はしないのですが。

今まであまり指摘されなかった点を指摘していただいたので記事にしてみました。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile.htm




Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 目・耳・前庭・小脳など脳神経系の問題 | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/774956
TOP