南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< So'Flyのジョルジョ君 | main | 小脳について >>
出産にかかわる問題
こんにちは、外山です。

先日1歳と3歳のお子様をつれたお母さんが来院されました。
出産というのは体に大きな負担と変化をもたらします。

私の知人のお母さんは、出産前まではひどい肩こりと代謝の悪さに悩んでいたそうですが、出産を機にそれらがすっかりよくなってしまったそうです。そのため、知人も同じようなひどい肩こりと代謝の悪さがあったのですが、出産すれば治ると言っていました。

そういうよい変化なら大歓迎なのですが、やはり、腰痛などを起こす方も多いと思います。
基本的に、妊娠出産の際には骨盤がより開くように靭帯を緩くする作用があるリラキシンというホルモンが分泌されます。
このとき骨盤が不安定になるので、骨盤がずれやすくなります。
これを出産後にも放置していると、腰痛につながるのです。
特に出産を重ねた方ほど傷んでいる可能性が高いです。
骨盤を支える筋肉というのは生殖器やストレスに関連する副腎、胃腸などと関連する筋肉なので、それらがきちんと働いていれば緩くなった骨盤をある程度支えることができるのですが、アンバランスがあると、骨盤の問題を後に残すことになります。

で、今回のお母さんですが、以前は骨盤のあたりがおかしいと感じていたのが1人目の出産でよくなった感じがしていたのに、2人目を生んで元に戻った気がするとおっしゃっていました(笑)。
調べてみるとやはり骨盤に問題があり、特に生殖器に関連する筋肉にいくつかアンバランスがありました。
よく話を聞いてみると以前から生理が不順だったりホルモンバランスに問題を抱えていたそうなので、ずっと以前から問題があったのかもしれません。

出産後に腰痛が出てきたという方や妊娠中からの腰痛が治らない方などは、きちんと調べてみたほうがよいと思います。

また、このリラキシンというホルモンは生理の際にも分泌されて骨盤を不安定にするので、女性の場合特にきちんとバランスを整えておく必要があると思います。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile.htm




Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | カイロプラクティックについて | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/767746
TOP