南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< 温泉での友人の体験談 | main | 30になりました。 >>
え?MRI?
外山です。

うちにはとある高校の野球部の子達が来ます。
とても優秀な子達で、待ち時間には勉強している子も珍しくありません。
尊敬します(笑)。

今日は去年から定期的に腰が痛くなるようになったという子が来ました。
いつも同じ場所が同じように痛いとのこと。

最初に行った整形外科ではレントゲンを撮り、痛いときはコルセット、次に行った整形外科ではMRIを撮った結果、ヘルニアではないとの診断だったとのこと。
ところが彼が痛いと指している場所は明らかに筋肉、私が触ってみても痛いのは筋肉。
今日の私の評価としては体をねじる腹斜筋が弱いことによって骨盤がねじれていることで背中の筋肉に負担がかかり、傷んでいる腰痛でした。
野球部ですから、体を何度もねじることで腹斜筋が傷んだのでしょう。
要するに、筋肉痛です。

ただ、筋肉の痛みだから軽症だということではなく、ぎっくり腰の痛みや筋肉がつってどんなにがんばっても動けない陸上選手を見ればわかるように、筋肉は痛みに敏感な器官ですから、個人差はありますが、痛いのはもちろん痛いです。

ただ、いつもと同じ痛みだというのに、この症状でなぜMIRを撮らなければならないのでしょう。
MRIを取るのは費用も安くないし、必要ない検査は行うべきではないのではないかと思います。

彼には、この痛みは筋肉や関節から正しい情報が送れていないことで痛みを感じてしまっているだけだから、きちんと治療すればすぐによくなること、痛み止めの薬やコルセットは必要ないことを説明しました。
痛みもすぐに取れました。

ほかの医療機関でよくならない痛みを抱えている方、VOICE OF SPINEの治療を受けてみては?



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile.htm


Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 腰痛・坐骨神経痛・下肢のしびれ | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/719935
TOP