南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< ソフトボール5時間30分28イニング耐久戦 | main | 温泉での友人の体験談 >>
足首捻挫の後遺症
外山です。

皆さん、足首の捻挫の後遺症でお悩みの方、たくさんいらっしゃると思います。
捻挫が癖になってしまったり、捻挫をして以来痛みがあったり、どうもうまく力が伝わらないとか動かせないとか、いろいろな後遺症があると思います。

私も高校生の時にとてもひどい捻挫をして、それ以来捻挫をしやすくなったり、力がどうもうまく伝わらなくて、踏ん張れないという感覚がありました。
最近は運動をした後に足首が痛くなるようになりました。

今回もソフトボールをしているときから足首が痛くなってしまいました。
ただ、私の場合、先日ひょんなことから自分の足首の周りのいくつかの筋肉にアンバランスがあるのがわかっていたので、その筋肉を自分でできる範囲で自己治療してみました。

すると痛みが即座にきれいに消えてしまったのです。

捻挫というのは靭帯の損傷のことをいいますが、実は捻挫で傷むのは靭帯だけではなく、筋肉が骨に付く腱という部位も傷むのです。
そのときにさまざまな筋肉にアンバランスが生じます。
それが足首や足のメカニズムの崩れや、場合によってはそれより上の痛みや障害を生じるようになります。
捻挫の治療は、靭帯だけでなく筋肉、腱に対しての治療が絶対に必要です。
整形外科では靭帯の再建や治療が主眼ですから、これはカイロプラクティック特有の考え方なのではないでしょうか。

私の場合、足の親指を曲げる筋肉に問題があり、それを自分でできる範囲で正しく働くように治療したのです。
この筋肉はとても重要な筋肉なのです。

もちろん、神経的つながりがある部分の背骨にも問題があると思いますが、さすがに背骨のアジャスト(矯正)はできないので完全によくなってはいないのですが。

足首に限ったことではありませんが、捻挫が癖になっていたり、痛みがあるなどの場合、やはり筋肉や関節のアンバランスがあり、関節の神経伝達が崩れていたり、関節のメカニズムが崩れている場合が多いのです。
その治療は、やはりそのバランスを整え、筋肉や関節が正しく働かせることが一番なのです。

皆さんの中で捻挫の後遺症にお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひVOICE OF SPINEにご相談ください。


<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile.htm





Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 足・脚の問題 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/712733
TOP