南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< ひどい下痢の症例 | main | VOICE OF SPINE10周年 >>
下肢の痛みと痺れにより5分しか歩けなかった方の症例
外山です。
今日は下肢痛と痺れにより長時間の歩行が困難だった70代の男性の症例です。

この方は右下肢の痺れで来院されました。
3カ月前にゴルフをした後に腰に痛みが出てきて翌日は動けなくなってしまったということでした。その後ふくらはぎ外側の痺れが出てきたとのことです。現在は腰痛はなりませんが100m、約5分ほど歩くと下肢の痺れと右殿部の痛みで歩けなくなってしまうとのことでした(間欠性跛行)。整形外科では第4腰椎と第5腰椎の間の椎間板ヘルニアがあり、痛み止めを処方されていました。

この方はご兄弟が以前同様の症状で改善されたため、ご紹介でいらした方でした。調べてみると、腰椎には大きな側弯があり、そこで神経が刺激されていました。特に坐骨神経の刺激が顕著でした。この方の場合、変形とヘルニアがあるとのことで、このような場合は初めの数回はあまり変化が出ないことも多く時間がかかる場合もあることをお伝えし、週2回の治療を開始しました。 最初の数回の治療で断続的にある下腿の痺れは軽減し、300mほど歩けるようになりました。その後はほんのわずかずつの軽減があり、治療開始当初は駅から当院まで途中で休んでいたのが休まずに来られるようになっていきました。1月半ほど治療したあたりで改善の度合いが促進され、最後に殿部の痛みが出るものの30分ほど歩けるようになったとのことでした。2か月ほど治療したあたりで歩行時の痛みが全く出なくなり、50分歩いても問題なくなったと喜んでいらっしゃいました。
この方の場合、ヘルニアや変形だけでなく、骨盤とその関節(仙腸関節)、とその周囲の靭帯のアンバランスが腰部に負担をかけていました。それらの部位が正しく動かないと、歩くたびに炎症がある関節をさらに刺激して、痛みが増してきてしまいます。それらの動きと機能が回復するにつれて歩行時の痛みも改善されていきました。

また、この方はご自分で出来る範囲でウォーキングをされ、前向きに積極的に改善のために努力をされていらっしゃったのも印象的でした。

現在は月に2回ほどのゴルフのラウンドも再開され、またゴルフができるようになったと喜んでいらっしゃいます。同じく月に2回、経過観察と再発防止のためカイロにも通われています。

このような問題は大変難しい問題ではあるのですが、是非あきらめず、カイロプラクティックも試してみることをお勧めいたします。



腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://vo
ice-of-spine.com/vosmobile
Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 腰痛・坐骨神経痛・下肢のしびれ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/1091389
TOP