南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< こんなときこそカイロプラクティックが力になれます! | main | 「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ >>
膝の骨折と半月板損傷の後遺症
外山です。

今日は膝の症例です。
60代女性、2年半前に左ひざの骨折と半月板を損傷して以来、膝がO脚を呈し、ギリギリときしむ音がするとのこと。

検査では膝を深く曲げるとギリギリを音がし、屈伸のように膝を深く曲げると痛みがありました。

膝は確かに変形し、O脚を呈していました。まず、変形については治療によってもおそらく変化がないことを説明し、これ以上の進行を防ぐこと、また、膝の機能をより高めていくことが目標であることも説明しました。
この方は膝の骨折だけでなくさまざまな外傷暦があったため、まずはそれに対してひとつひとつインジュリー・リコール・テクニック(IRT)を行いました。IRTとは、外傷や強い痛みに対して起こる逃避反射(痛みから離れようとする反射)によって生じた筋肉の弱化や、本来沈静化されているべきその外傷部位からの異常な痛みの神経活動を消すテクニックです。このテクニックによってからだに多くの劇的な変化が生じます。

この方の場合、IRTを行った後、膝を曲げ伸ばしした際のギリギリとした軋轢音が消失しました。これは、膝の骨折を含めた過去の外傷が、膝の運動に悪影響を及ぼしていたということを示しています。
しかし、まだ屈伸での痛みは残っていました。
通常の脊柱、骨盤、内臓のアジャストメントを行い、再び屈伸をチェックしましたが、まだ屈伸時の痛みは残りました。痛みのある部位を確認、触診し、もう一度頚椎を調整してから屈伸をしてもらうと、痛みは完全に消失しました。

膝の裏にある膝窩筋という膝を安定させるための大変重要な筋肉は頚椎の問題と関係していることがよくあるのです。

この方の症例は軋轢音や痛みは変形によって引き起こされていたのではなく、過去の外傷や頚椎の問題など、からだの機能的な問題によって生じていたものといえるでしょう。このようなケースは膝に限りません。椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などと診断された方でも機能的な問題が原因になっていることはよくあります。

また、この症例では頚椎などの膝から離れた部位からも影響を受けていました。これも決して珍しいことではなく、難治性の問題などはこのようにからだの離れた部位に原因があるのかもしれません。

からだのどの部位に機能障害があったとしても、どんな部位にでも、どんな症状でも起こしうるのですから、患者さんを改善させるというのは本当に難しいことです。この方のケースなどは、数ある療法の中でもカイロプラクティックだからこそお役に立てたのだと思います。さまざまな技術や知識を学ぶことで、より多くの人のお役に立てるものと考え、日々努力しています。


腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile



Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 足・脚の問題 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/1091375
TOP