南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< 安藤投手一軍復帰戦で好投! | main | 血圧の改善例 >>
安藤投手の正念場
外山です。

最近はプロ野球選手や高校球児を治療する機会が多く、以前より野球を見る機会が増えています。といってもテレビでですが(笑)。

その一人の阪神タイガースの安藤優也投手が苦しんでいます。
今期も含め3年連続で開幕投手を務めたほどの投手が、敗戦処理的な立場に立たされています。
成績も防御率が7点台で、ここから追い上げようというリードを許した場面で登板し、勝負どころで手痛い一打を食っている印象があります。

とはいうものの、実際に試合を見てみると、ここのところ球威はかなり上がってきていますし、変化球も切れが戻ってきて、コントロールも問題なくなってきているように思います。

では何が問題なのか、素人目ではありますが、私には、安藤投手にとってはあまりにも『不運』が重なってるように思えます。


まず、先日の巨人戦を例に挙げてみます。
2アウト1塁にもかかわらず俊足の1塁走者を捕手が非常に警戒するあまり2ボール2ストライクからピッチアウトしたものの、実際には走らなかったためにフルカウントにしてしまい、走者が自動的にスタートしたために2塁ベース付近のボテボテのセカンドゴロを2塁でアウトにできず内野安打にしてしまったことがありました。この直後に阿部選手に3ランホームランを打たれてしまいました。
つまり、セカンドゴロに打ち取り問題なく終わっていたはずの攻撃が、フルカウントにしてしまっていたために2アウト1、2塁のピンチになってしまったわけです。ピッチアウトの作戦が完全に裏目に出てしまいました。


その他の試合でも、ツーベースがスリーベースに、シングルヒットがツーベースに、打ち取ったかのような打球がヒットになってしまうこともありました。しかも、1イニングの中でです。


そして2つ目は、バッターに配球が読まれてしまっているようです。
先述の阿部選手のホームランなどは、同じインコース高目を6球も続けた結果、狙いすまされて完璧に特大のホームランを打たれてしまいました。解説者は阿部選手が調子を落としていてインコースに詰まるということを指摘していましたが、同じ球を何球も打ち直しするようなものですから、いくら調子を落としているといっても阿部選手ほどのバッターならそれは打つでしょうと素人目には思ってしまいます。ヒーローインタビューでも阿部選手はインコース高目を続けてきたのでそれを狙っていたことをはっきり言っていました。完全にヤマを張られていたわけです。

毎回のように今期の安藤投手を見ていると、このように読まれたように打たれることが多いのです。

安藤投手はほとんど捕手の構えた所に投げるコントロールのいい投手ですから、このように読まれてしまうと打者は安心して狙ってきますから、厳しいものがあるように素人目には思えてしまうのですが、どうなのでしょうか。どんなエース級の投手でも的を絞られた状態で抑えこむというのは至難の業です。


現在、安藤投手は全く信頼のないような使い方をされ、登板のアナウンスがされると地元甲子園でさえ大ブーイングを浴びてしまうほど悪役、戦犯扱いの状態ですが、素人目ではありますが内容を見てみると、安藤投手に全てを押し付けるのはあまりにも酷だと思えてなりません。


とはいえ、厳しいプロの世界、結果を残さなければ首脳陣の信頼を取り戻すことはできません。
調子は戻ってきていますから、ここが正念場と思って頑張って欲しいものです!



腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile




Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 雑談 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/1078583
TOP