南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< 阪神タイガース 安藤投手の治療に行ってきました。 | main | ストレスと関節変形、そして痛み止め薬 >>
カイロプラクティック神経学セミナー
5月8日、9日とカイロ神経学の300時間コースがついに始まりました。

昨年12月にDr.キャリックが日本に来て講演して以来、急速にコース再開の道筋が作られたようです。今回の再開はDr.キャリックの強い要請があったとのことです。コースのために尽力してくださっている川西先生、伊藤先生、大場先生、五十嵐先生、キャリックジャパン事務局の方々には本当に感謝いたします。

今回は第1回目ということで、ニューロンセオリーが主なトピックですが、アルツハイマーやパーキンソン病など多くの神経変性疾患の大きな原因となる炎症と、脳のエネルギーである糖代謝に関わる糖尿病などが資料として配布されました。これは以前はなかったトピックです。

ここで、炎症、変性を防ぐサプリメントとして、VOSでも扱っているマリアアザミがあげられていました。
体の中では代謝の過程で活性酸素やフリーラジカルと呼ばれるものが発生し、それが過剰に増えると細胞を傷つけてしまいます。これを酸化ストレスといいますが、その酸化ストレスが組織の変性を招くわけです。活性酸素やフリーラジカルを中和する物質を抗酸化物といいますが、マリアアザミは強力な抗酸化物のひとつです。つまり、マリアアザミはそのような神経変性疾患を防ぐ役割ももっているわけです。

私もこれまでマリアアザミは肝臓のサポートとして考えていましたが、肝臓に関しては内臓バイオメカニクスがかなり強力に機能を改善しますので、神経を含めた体全体の変性に対しても推薦していく必要性を感じました。

特に、神経変性疾患の家族暦がある方にはチェックが必要かもしれません。

カイロ神経学はまだ始まったばかりですが、よりいっそう多くの方の力になれると思うと、今後が楽しみです!しっかり勉強していきます!


<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile







Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | カイロプラクティックについて | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/1066307
TOP