南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< ラテンダンスの元世界チャンピオンのおふたりが来院 | main | 看板を新しくしました。 >>
TFTセミナー@米子
外山です。
だいぶ春めいてきましたね。
寒いとは言っても真冬の寒さとはだいぶ違ってきました。

さて、私はこの21日、22日の連休で、日本カイロプラクターズ協会西日本支部主催のセミナーを受けに米子に行って来ました。

心理療法のひとつである、「TFT」という療法のセミナーです。
TFTとはThought Field Therapyの略で、「思考場療法」といわれています。アメリカの著名な心理学者である、ロジャー・キャラハンによって考案されました。
キャラハンはカイロプラクターではありませんが、AKの創始者グッドハートから許可を得てAKを学び、AKの手法を取り込みTFTの発展に生かしたそうです。

その方法は、嫌なことや不安、トラウマなどの自分にとって障害となる感情を思い浮かべた状態(この感情を思考場と呼びます)で、特定の経穴(ツボ)をタッピングすることによってその感情によって起こる症状を取り除くというものです。

さまざまなことを思い浮かべるとき、それを思考場と呼び、その思考場にトゲが刺さっていると、さまざまな症状を起こすと考えます。つらい体験を思い出すことによりパニック発作が起こる、などがよい例です。そのとき、特定の順番で経穴を叩くことによって、その症状のみを取り除くのです。


アプライド・キネシオロジーでは健康の三角形として精神・感情はその一辺を占めていますし、患者さんという一人の人間と向き合う上で感情の面というのは無視できません。

例えば、腰痛というのは腰に問題があると当然のように思ってしまいますが、実は感情が原因であることもあります。特に慢性痛の場合がそれで、脳の中の腰の感覚を特定的に感じ取る部位ではなく、「痛い」という不快感などの感情をつかさどる部位が活性化していることがあるのです。
つまり、腰が痛いのではなく、痛いという不快感を腰に感じている、ということです。このため、最近の医学界では多くの慢性腰痛は心因性だと言われるようになっているようです

また、ストレスを感じると肩がこる、という方は多いのですが、これなどはアンバランスや筋肉の問題など構造的な問題ももちろんありますが、それ以上に感情面が原因になっているということが想像できます。

私達は心理学や精神科の専門家ではありませんが、そのように体に現れてくる問題は健康を維持する専門家としてある程度対処する必要性を常々感じていましたので、米子は少し遠かったのですが、思い切って参加することにしました。


講師は日本のTFTの第一人者で「ツボ打ちTFT療法」の著者でもある森川綾女先生でした。森川先生はキャラハンのもとで直接トレーニングを受けた方で、TFTの上級のコースを指導する資格を持つ唯一の日本人だそうです。

先生はAKについてもかなり知識があり、患者に対する見方や考え方もとても素晴らしく、また分析も的確で、大変勉強になりました。

私達が診るのは「病気」ではなく「病気を持っている人」なんだ、という西洋医学とは全く異なった患者の見方、捉え方を再認識させられた2日間でした。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile








Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | - | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/1059528
TOP