南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< スゴイぞイモト! | main | おかげさまで三周年 >>
足を甘く見てはいけない
外山です。

昨日帰りに小学生ぐらいの女の子がお母さんと歩いていました。ちょうどお友達と別れたところのようでした。すると、「○○ちゃんサンダルー!!」と大きな声で引き返してきました。お友達とサンダルを交換していたようです。私はちょうどそこで自転車で通りかかったのでふと見てみると、ヒールの高いサンダルでした。

近頃はあんなに小さい頃からヒールを履くんですね。小学生でも髪の毛が茶色かったりする子は見かけますから当然なのかもしれません。

最近は小さなお子さんが有名メーカーのクッションの入ったスニーカーや足首まであるハイカットの靴を履いているのをよく見かけます。私が子供の頃は、すごくシンプルな底の薄いぺたんこな運動靴が当たり前で、たまにおしゃれな子がバッシュを履いているぐらいでしたが。

が、あんなに小さい頃からヒールの高い靴やクッションやサポートの入った靴を履くというのはからだにとってどうなんだろう・・・と心配になってしまいます。

たかが靴、たかが足と思うなかれ。です。

足からの情報というのは、脳・神経の働き、ひいてはからだの働き全体にとても大きな影響を与えます。
例えば、足の裏から地面の固さや傾き、小石がある、などの情報が脳に伝えられることによって、脳はある筋肉を収縮させ、ある筋肉をリラックスさせてバランスを取り危険を回避するようコントロールします。それは足だけでなく、腕などにも同時に命令が伝わりコントロールしています。それを成長するにしたがって学習していくわけです。
ヒールを履いたり底の厚い靴によってそのような情報が来なくなれば脳はどの筋肉を収縮させればいいのかわからず混乱してしまいます。これは「神経学的統合不全」といって、集中力の低下やからだのバランスの乱れ、運動のコントロールの不統合など、さまざまな問題が起こってきます。足というのはそれだけ重要なのです。
もし、子供の頃からこのような感覚を磨かなかったらどうなってしまうのでしょうか。

私は足の筋肉のアンバランスを見るために踵を上げてつま先立ちしてもらう検査をすることがあるのですが、これが出来ない方が非常に多いことに驚きます。初めて見たときにはその方が特別だと思ったのですが、つま先立ちが出来ない方は実は非常に多いのです。専門的には長期にわたるストレスによる筋肉のアンバランスの可能性があったり、または運動不足なども考えられますが、多くは靴の問題でしょう。多くのトップアスリートを治療してきたカイロプラクターでAKのディプロメイトであるDr.フィリップ・マフェトンはほとんどの足の問題は誤った靴によるものだと言っています。

たいてい治療をするとすぐに踵を上げられるようになりますが、これは私が見ているのは大人が主ですから、子供の頃はぺたんこな靴で過ごしていたでしょうから小脳にバランスをとる記憶があるからなのではないかと思います。単純な筋肉のアンバランス、うまく使えていないだけです。バランスを取り戻せばすぐにできるようになります。ただ、このような場合には長期的には足の感覚を取り戻すリハビリが必要ですし、靴が合っていないようなら変える必要もあります。

足の裏の感覚が鈍くなると当然転倒の危険性が高まります。若いうちはそれでもいいでしょうが(よくはないですが)、高齢者にとっては実は命に関わる問題です。高齢者の転倒による骨折は、3人に1人が1年以内に亡くなるというデータがあるほど深刻な問題なのです。

もしも、からだの変化が大きな成長途上の小学生に、足の感覚を磨かせることなく「かわいいから」、「カッコイイから」という安易な理由でハイヒールやクッションやサポートの入った靴を履かせているとしたら、将来思わぬ代償を払うことにならないか心配になってしまいます。

ここをお読みの親御さんがいらっしゃいましたら、是非、ご一考いただきたいと思います。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile





Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | カイロプラクティックについて | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.voice-of-spine.com/trackback/1007640
TOP