南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

<< 「頭痛はアスピリンが不足して起こるものではない」 | main | サプリメントを始めました。 >>
ビデオ捜索
外山です。

昨日は休みを利用してとある2つのビデオテープ捜索をしました。
というのは、きものの染め職人だった祖父が生前テレビの番組で取材を受けた際のビデオテープをDVDに焼き直さないと、近い将来VHSが見られなくなるのでは?という弟の提案があったからです。弟が出入りしているスタジオにそういった機材があるとのことでした。

ということで捜索をしたのですが、日本テレビの番組の中で数分の取材を受けたものは見つかったのですが、もうひとつのNHKの番組で特集された際のテープもあるはずなのですが、そちらは結局見つかりませんでした。もう20年ほど前のものです。間違えて捨ててしまったのでしょうか・・・。

見つかった日本テレビの方はほんの2−3分ですが、生前の祖父がその昔川の水で生地を洗っていたことなどを語っていました。10数年ぶりの動いている祖父!わー懐かしい!
が、しかし!やはりテープが劣化してしまっていたのか、巻き戻しをしたら、テープが切れてしまいました(泣)!こういう場合って、修復できるのでしょうか?不安です・・・。

祖父は「蒔き糊」という古来から伝わる技法を独自に研究して用いていました。蒔き糊はコストも手間もかかるためとても珍しく貴重な技術だそうで、京都にはやはり蒔き糊を用いた作品で人間国宝になった作家さんもいるそうです。



余談ですが、ビデオを探していたら、私の高校時代の野球のビデオも出てきました(笑)。
チームメートのお父さんが撮ってくれていたもので、いくつかあったのですが、ひとつは巨人の阿部選手がいた安田学園と対戦した練習試合、ひとつは、日本ハムファイターズの武田勝投手擁する関東一高との秋季大会での試合でした。

阿部選手にはダブルヘッダーで3本ホームランを打たれました。すごい奴がいるなーと驚いたのを覚えています。その後、大学に入ってから1年生で日本代表に選ばれるほどの選手だということを後輩から聞いて納得しました。昨日久々に見てみたら、当時から本当にスイングが速い!チンタラも同じでしたが(笑)。

武田投手は対戦前にその年の夏の甲子園に1年生で出場した投手ということを聞いていましたが、とてもいい選手でした。ピッチングはもちろん、多分5番を打っていたと思いますが、武田選手の決勝2点ツーベースで1−2で負けました。

昨日は、私が武田投手から2本ヒットを打ったところを見て気持ちよく寝ました(笑)。

ちなみに、プロ野球関係の仕事をしている当時の私のチームメートによると、阿部選手は全く覚えていないそうですが、武田投手は試合をしたことを覚えているそうです。と、どこかで書いた気がします(笑)。

話がそれてしまいましたが、たまには写真やビデオに残しておいたら後で思い出が出来ていいなーなんて思いました。



<お問い合わせ>
腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile


Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 雑談 | 18:25 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
そうですか。
先生のおじ様は染物職人さんだったんですか素敵ですね〜!
とっても懐かしいビデオだったようですね。
久しぶりのおじい様に会えてパワーを頂けたのではないでしょうか?(^^)
染糊技法は版画のように染め粉を木版で色付けして、
乾かしたり、蒸したりするんですよね確か・・・
友禅でも出せない味わいのあるとても貴重な技法ですよね。
おじい様の手は染めの色で黒々していたんじゃないでしょうか?
そんな素敵なおじい様がいらしたなんて羨ましいです。

私は小さい頃から着物が大好きでしたので、
このブログのお話にとても興味が湧きました。
私の祖父は遥か昔に亡くなりましたが、
全盛期の頃は呉服問屋を営んでたそうです。。
でも私が子どもの時には別の職業をしてましたので、
着物問屋だったことは大きくなるまで知りませんでした。
蔵にカビ臭い着物らしき物が置いてあったのは覚えていますけど(^^;)

それと私が小学校1年の時のお友達の家は
帯を織るお仕事をされてて、
遊びに行くと色とりどりの帯が川のように
なが〜く家中に干してあって、
その素敵な帯の川の間をくぐりぬけて友人の部屋へ行った事を思い出しました。
自分が着物が好きな由縁はそんなところにあったのかな?
なんて思い出しました。

高校時代の野球も懐かしかったでしょう。
昔の画像ってちょっと照れくさいような感じですよね。
でもその頃の青い自分を振り返って、
これまた良い心の充電ができたのではないでしょうか?
私もわが子達が可愛かった頃のビデオでも整理しようかしら。。。

| BLUE DOG | 2009/06/26 10:48 PM |

間違えました・・・
よく見たら「染湖」ではなくて「蒔き湖」でしたね。
老眼とおっちょこちょいが重なり文字を見間違えました(^^;)
友禅で使う高級な着物の方ですね?
私は手書きの友禅が欲しくて時々ネットで探しますが(ネット販売の方が多少お安いので)
実物を見ないとネットでは色合いがわかりませんよね。

以上。訂正コメントでした・・・
| BLUE DOG | 2009/06/27 1:22 PM |

BLUE DOG様
コメントありがとうございます。
BLUE DOGさんも着物がお好きでしたか。
そうなんです。父方の祖父はきものの染め職人でした。
私は恥ずかしながら着物には詳しくないのですが、蒔き糊は、高級着物かどうかはわかりませんが、手間やコストはかかるようです。
最近は海外で作ったあまり質のよくない着物が出回っていて良心的な業者は嘆いているようですが、着物の美やよいものを作る伝統を引き継いで頑張っている素晴らしい職人さんもいらっしゃいます。

ただ、私が言うのも何ですが、ものづくりが軽視されてしまう昨今、きものもそうですが、日本の伝統工芸はこれからどうなってしまうのかな、という不安はありますね。
| 外山誉人 | 2009/06/28 12:12 PM |










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP