南青山骨董通りのカイロプラクティックVOICE OF SPINEのブログ

VOICE OF SPINE10周年
ヴォイス・オブ・スパインは本日2016年7月7日に開院10周年を迎える事が出来ました。

私たちを信頼し、ご来院くださる皆様方には心より感謝し御礼を申し上げます。

 カイロプラクティックのみで始まったヴォイス・オブ・スパインは、この10年間でより多面的に皆さまの健康の支えとなれるよう、アプライド・キネシオロジー、内臓生体力学、エネルギーワーク等を取り入れて参りました。 今後も、更なる研鑽を重ねていく所存です。

 まだヴォイス・オブ・スパインを体験したことのない方、定期的にご来院いただいている方、しばらくいらっゃっていない方も健康管理のためにこの機会に是非ご来院ください。

 皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

外山誉人・まな


Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | - | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0)
下肢の痛みと痺れにより5分しか歩けなかった方の症例
外山です。
今日は下肢痛と痺れにより長時間の歩行が困難だった70代の男性の症例です。

この方は右下肢の痺れで来院されました。
3カ月前にゴルフをした後に腰に痛みが出てきて翌日は動けなくなってしまったということでした。その後ふくらはぎ外側の痺れが出てきたとのことです。現在は腰痛はなりませんが100m、約5分ほど歩くと下肢の痺れと右殿部の痛みで歩けなくなってしまうとのことでした(間欠性跛行)。整形外科では第4腰椎と第5腰椎の間の椎間板ヘルニアがあり、痛み止めを処方されていました。

この方はご兄弟が以前同様の症状で改善されたため、ご紹介でいらした方でした。調べてみると、腰椎には大きな側弯があり、そこで神経が刺激されていました。特に坐骨神経の刺激が顕著でした。この方の場合、変形とヘルニアがあるとのことで、このような場合は初めの数回はあまり変化が出ないことも多く時間がかかる場合もあることをお伝えし、週2回の治療を開始しました。 最初の数回の治療で断続的にある下腿の痺れは軽減し、300mほど歩けるようになりました。その後はほんのわずかずつの軽減があり、治療開始当初は駅から当院まで途中で休んでいたのが休まずに来られるようになっていきました。1月半ほど治療したあたりで改善の度合いが促進され、最後に殿部の痛みが出るものの30分ほど歩けるようになったとのことでした。2か月ほど治療したあたりで歩行時の痛みが全く出なくなり、50分歩いても問題なくなったと喜んでいらっしゃいました。
この方の場合、ヘルニアや変形だけでなく、骨盤とその関節(仙腸関節)、とその周囲の靭帯のアンバランスが腰部に負担をかけていました。それらの部位が正しく動かないと、歩くたびに炎症がある関節をさらに刺激して、痛みが増してきてしまいます。それらの動きと機能が回復するにつれて歩行時の痛みも改善されていきました。

また、この方はご自分で出来る範囲でウォーキングをされ、前向きに積極的に改善のために努力をされていらっしゃったのも印象的でした。

現在は月に2回ほどのゴルフのラウンドも再開され、またゴルフができるようになったと喜んでいらっしゃいます。同じく月に2回、経過観察と再発防止のためカイロにも通われています。

このような問題は大変難しい問題ではあるのですが、是非あきらめず、カイロプラクティックも試してみることをお勧めいたします。



腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://vo
ice-of-spine.com/vosmobile
Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 腰痛・坐骨神経痛・下肢のしびれ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0)
ひどい下痢の症例
外山です。今回はひどい下痢の症例です。

60代女性の方で、数日前から出張先でひどい水様の下痢になり、出張先で病院に行くこともできず、市販薬を飲んでもまったく止まらないとのことで来院。同時に胃も痛く食欲もないとのこと。あまりにもひどいため、出張から帰った前日かかりつけの医療機関を受診し、胃酸を抑える薬、胃腸の働きを整える薬、下痢止めの薬を処方されたが効果はないとのこと。

この方は以前にも海外から帰国後にひどい下痢になった際当院で改善したため今回も来院されたとのことでした。

腹部を調べてみると、浮腫んだような炎症の兆候がありました。
また回盲弁という、小腸と大腸の境目にあるバルブの部位が開いた状態になっていました。これは腸内のものを早く外に出そうという反応の兆候です。アプライド・キネシオロジー検査では、抗菌作用のあるハーブとスパイスが良い反応を示しました。そこで、背骨の矯正と回盲弁の調整、胃にも内臓生体力学の調整をするとともに、好反応のあったハーブティを数日間飲んでもらうようにアドバイスしました。また、この方は疲労とストレスが重なっていたため、また治癒を促進するためのエネルギーワークも行い翌日また治療することにしました。
翌日いらした際には、トイレの回数は減り、水様の便もまだあるもののかなり軽減し形になってきたとのことでした。また、治療後には食欲も出て、食べられたとのことでした。
この日もまだ回盲弁の問題があったため調整し、胃腸に対しても内臓生体力学の調整もしました。エネルギーワークも行いました。
3日目にいらした際にはほとんど問題はなくなり、食欲も出て、胃の痛みも消えていました。

この方の場合、治療の主眼は無理に下痢を止める目的ではなく、この方にとって今何が一番必要なのかを探ることにありました。体が必要ならば、下痢でも出すものは外に出しきらなければいけないかもしれません。個々の臓器にははどのような手技、自律神経の調整をすればいいのか、どのような栄養、物質が必要なのか、ということです。それは、
・回盲弁を含む胃腸に対して体が必要としている調整をすること
・ハーブティなども交えて必要な物質を与えること
・ストレスを緩和し治癒を促進するためにエネルギーワークを行う
ということでした。

このようにその方が何を必要としているのかを調べるのに、アプライド・キネシオロジーはとても役に立ちます。それは個人個人で、その時その時で異なるからです。同じ症状でも、ある方にはこの物質が効果的でももう一人の方は違う物質しか受け付けないかもしれません。また、同じ人でもあるときはこの物質が効果を示しても、別のときには違う物質しか効果を示さないかもしれません。これは毎日の臨床でもよくあることです。
その方その方がその時本当に必要としているものを見極める、それこそが、わたしたちが本来持っている偉大なる自分を治す力、自然治癒力を最大限に引き出すサポートになるのです。

外山誉人



腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile
Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 自律神経・胃腸・全身のコンディション | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0)
胃潰瘍の症例
外山です。
ブログの更新をしなければと思いつつ、しないままに時間が過ぎてしまいました。
今日は胃潰瘍の患者様のお話です。

この方は患者様の紹介でいらっしゃいました。
3カ月前から重度の胃潰瘍と診断され、これを飲めば1日で治ると処方された薬を飲み続けているが一向に良くならず、ほとんど食事もできていないとのこと。ここ数日で背中の痛みも出てきたとのことで来院。

調べてみると、まず、頸椎の問題があることがわかりました。胃には脳幹の延髄から降りてくる迷走神経という副交感神経が行っていますが、頸椎に問題があると、この迷走神経が刺激されて胃の働きが障害されてしまうのです。これによって治癒が進まないのではないかと思いました。胃を優しく触ると、固く緊張しており少し浮腫がある感じがしました。
カイロプラクティックが初めてとのことで、背骨や骨盤はかなり捻じれていました。体のどこにゆがみや捻じれがあっても神経の働きが邪魔されて、体が本来持っている自分を癒す力が発揮できなくなるのです。私たちカイロプラクターは、「体は自分を治す力を生まれながらに持っている」ということを信じています。
背骨に関してはやはり胃に神経を送る胸椎のあたりにゆがみ(サブラクセーション)がありました。
1回目の治療ではこれらの捻じれを取るよう治療しました。胃に関連する胸椎、特に頸椎にはあまり強い刺激を送らないよう緩やかな矯正をしました。

また、多くの胃潰瘍や十二指腸潰瘍の方がそうであるように、この方もストレスを抱えていました。ストレスに対しては、まなによるエネルギーワークを行いました。エネルギーワークではカウンセリングのようなことはしませんが、人間の「ライフエナジー(気)」に働きかけることによって、ストレスを感じにくくするよう促します。同じことが起こってもそれをどうとらえるかによって、ストレスになるかそうでないかは変わってきます。その時の調子によって物事のとらえ方が変わってくるというのは経験したことがある方も多いのではないでしょうか。私たちの師であるホリスティック医学の世界的権威ジョン・ダイアモンド医師の哲学によれば、それらは生命エネルギーの状態によると言います。例えば、忙しいところに新しい仕事が重なったとなった時、慌てふためいて混乱するか、よしやってやろう!と思うかはその時の生命エネルギーによるところが大きいのです。Dr.ダイアモンドはこのような状態を「カオスの問題(Chaos Problem)」と呼んでいます。
この方はカオスではありませんでしたが、他の問題があり、エネルギーワークによって心に余裕が生まれ、しっかりした判断ができるようになったことで抱えていたストレスも解決しました。

2回目にいらした時には胃の痛みは残っているものの軽減し、背中の痛みはなくなっていました。まだ頸椎による迷走神経の刺激が残っていたのでそれを中心に治療し、胃にはごく優しくほとんど触っているだけのような形でリラックスさるマニピュレーションを行いました。また、エネルギーワークも行いました。

3回目にいらしたときは、胃の痛みも改善し、物も食べられるようになっていました。前述したようにストレスの原因も解決し、とてもお元気そうになっていました。

もちろん、胃潰瘍はカイロプラクティックの適応症状とは言えませんが、わたしの先生であるオーストラリアのカイロプラクター、ヴィクター・ポルテリ先生などはこのような患者さんを大勢助けていますし、特に今回のようにいくら薬を飲んでも軽減しないような場合や緊急の手術を要するような状態でない場合には、カイロプラクティックやエネルギーワークのようなほかの視点が助けになることもあるのだと感じます。何故なら、どのような病気もそうですが、病気は薬が足りないことでなるのではないからです。この方のように、神経がきちんと働いていないこととストレスが原因なのです。
私は薬を否定しているわけではありません。薬は私たちの命を救ってくれる欠かせないものです。ただ、当たり前ですが、薬では迷走神経の通りはよくなりませんし、ストレスは軽減しません。それらに対するアプローチは健康にとって欠かせない要素なのです。だからこそわたしたちのような存在が必要なのだと思っています。わたしたちはいつも神経筋肉内臓を中心とした骨格に加えて、栄養や毒物、感情と生命エネルギーとさまざまな面からホリスティックにケアすることが皆さまのお役に立てる最もいい方法だと考えています。

外山誉人






腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile



Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 自律神経・胃腸・全身のコンディション | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0)
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます

本当に更新が滞ってしまいました。あまりに久々すぎて、ブログの管理やアップの仕方が正しくできるか心配です(苦笑)。ですが、今年こそは、多くの情報を発信することで皆様のお役に立てるよう、頑張って更新していきたいと思っております。

本年も、より多くの皆様の助けとなれるよう、まなともども2人で努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

外山誉人 まな



腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile



Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | - | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0)
お子様のカイロプラクティック
外山です。
ブログが本当に久々になってしまいました。今後は少しずつでも皆さまに有益な情報をお伝えできればと思います。

さて、今日はお子様のカイロプラクティックケアについてご紹介したいと思います。子供にカイロ?と驚かれる方もいらっしゃるかも知れません。ですが、赤ちゃんから幼児など年齢に関係なく成長過程にあるお子様にとってカイロプラクティックは実は大変有益なものです。子供はしょっちゅう転んだりぶつけたり怪我をします。その怪我は見た目では治っているようでも、目には見えない歪みやズレが起こってしまっていることがよくあります。もし、どこの関節でも歪みやズレが起こっていたらどうなるのでしょうか。本来伝わるはずの関節からの情報が正しく脳に伝わりません。また、関節の歪みや怪我からの直接の影響で筋肉が正しく働かなかったらやはり正しい情報が脳に伝わってくれません。脳は関節や筋肉などから適切な刺激を受け取ることで活性化し正しい機能を果たすことができますから、成長過程の子供たちの脳に正しい神経伝達が行われないことによって何か悪影響がありそうだということは想像に難くないのではないでしょうか。

ここでは、お子様の健やかな成長においてVOSが特に重要視しているチェックポイントを2つご紹介します。

ひとつは、「birthing trauma」と呼ばれる問題です。これは赤ちゃんが生まれてくるときに起こる、肉体的トラウマ(外傷)のことです。人間は狭い産道を通って捻じれながら生まれてきます。その時、頭蓋骨は重なり合うように縮んだ状態になり、出産後に再び広がります。その時、全ての頭蓋骨が広がらなければならないのですが、たいてい部分的に広がらずに捻じれたままになってしまいます。多くの場合、母乳を飲む時の「吸う」動作によってその捻れは自然に治っていきますが、中には捻れが残ってしまうことがあります。頭蓋骨の内側は硬膜という組織で頚椎や骨盤とつながっており、この捻じれは身体全体に影響することになります。それは筋肉のアンバランスや自律神経の異常から、精神感情状態にまで多くの影響を与えます。この状態はmisprocessingといって脳の思考過程に影響を及ぼし、扁桃体という恐怖に関わる部分を興奮させてしまいます。この問題によって恐がりになったり臆病になったりすることもあります。birthing traumaを正す方法は色々ありますが、私の場合は私の先生である、Dr.ジョン・ダイアモンド先生の方法を使います。これは頭をダイアモンド先生の言う「Help me! Help me!」の位置に置くことによって治療します。身体はこの位置からの解放(リリース)を求めています。この位置が緩んでくると硬膜の捻じれを正し、扁桃体の興奮を落ち着かせることができます。私のところに来た元気がなくエネルギーの弱かった1歳半の小さな患者さんはこの治療を行った後、元気に明るく話し始めました。

もうひとつは、身体の敏感さの問題です。この評価法はカイロプラクティックの創始者であるD.D.パーマーが行っていたカイロプラクティックの元祖の検査、矯正法で、私はオーストラリアのヴィクタ―・ポルテリ先生から習いました。身体を注意深く触ると、ある部分で異常にくすぐったがるお子様がいます。中にはどこもかしこもくすぐったいというようなお子様もいます。まだ言葉の話せないほど小さなお子様でも身体で答えてくれます。くすぐったいというのは神経が圧迫されているサインで、それは背骨の問題かもしれませんし、筋肉や内臓の位置の問題かもしれません。とにかく、どこかで神経が圧迫されてしまっています。この状態では神経が勝手に興奮し、脳に嫌な刺激を常に送っている状態です。このような状態は大人でも大きな神経に対する負担、ストレスになりますから、小さな子供にこのような過剰な刺激が脳に伝わる場合のストレスというのは本当に測り知れません。この敏感性の問題によって、すごくイライラしたりよく泣いたり寝つきが悪かったりといった問題が起こるかもしれません。背骨や内臓などの治療をして敏感さをすべて取り除いてあげると、お子様はすごく元気に明るくなります。落ち着きのなかったお子様も静かになることも珍しいくありません。敏感さの問題は大人でも身体の不調の大きな原因のひとつで、この問題を治療したことで難病指定の自己免疫疾患の症状が消えてしまった方もいるほどです。

このように、お子様は目に見えない問題にさらされていることがあります。お子様の健やかな成長のために、カイロプラクティックケアが大きな助けになれると確信しています。




腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile



Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | 子供のカイロプラクティック | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0)
スカイツリーの写真
外山です。

いよいよ昨日東京スカイツリーがオープンしました。昨日はあいにくの天気で、しかもエレベーターが止まったりと残念なトラブルもあったようです。

ところで、平成22年から産経新聞で「私のスカイツリー」というスカイツリーの投稿写真企画が連載されていたそうで、昨日のオープンに合わせてそのコンテストが行われたそうです。そこで、なんと!私の父が投稿した写真が入選したとのこと!これがその写真です!
http://photo.sankei.jp.msn.com/info/Photo?gid={4F19CC15-F5A1-4D73-886A-5A06EE2F98BA}



数か月前に紙面に載った際にはスカイツリーだけがトリミングされてしまい、大変残念がっていましたが、今回は写真全体がウェブ上に掲載されたと喜んでいました(笑)。

ほかの皆様がスカイツリーを堂々と中心に据えた中、そうでない父の写真が入選したのは芸術性が評価されたのでは?と勝手に思っています(笑)。きものの専門家の美的感覚が生きたというところでしょうか。私もすごく好きな一枚です。


腰痛、肩こりから頭痛、生理痛、自律神経の問題などお気軽にご相談ください
南青山カイロプラクティックVOICE OF SPINE
TEL:03-6913-8990
ホームページ:www.voice-of-spine.com
e-mail:info@voice-of-spine.com
携帯用ホームページ:
http://voice-of-spine.com/vosmobile



Posted by : 外山誉人 B.App.Sc.,B.C.Sc. ICAK認定アプライドキネシオロジスト | - | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP